ご質問:「宗派不問」とはどんな意味ですか?

ご質問の内容
お墓を用意しておきたいと思い霊園探しをしています。霊園の情報を見ていると、宗教自由や宗派不問と書かれているのですが、これらの違いがよくわかりません。
回答
霊園の広告やホームページを見ていると「宗教自由」「宗旨・宗派不問」という言葉をよく目にします。
霊園によって表現が異なっていますが、意味としては下記の通りです。

宗教自由
お墓を購入する方が、どの宗教であっても制限なくお墓を持つことができるという意味になります。
霊園によって自由や不問という表現をしていますが、意味としては同じと考えて問題ありません。
宗旨・宗派不問
宗旨とは、この場合は仏教の各流派を指します。同じく宗派とは、同一宗教で儀式の違いなどから生じた分派のことです。一般的には、宗旨と宗派は同じ意味と解釈されることが多く、「宗旨・宗派不問」とは宗教自由と同じ意味で考えて良いケースと「仏教であれば宗派などは問いません(真言宗○○派など)」というケースがあります。

注意しなくてはいけないのは、「過去の宗旨・宗派不問」のような記述がある場合です。
お寺の墓地で見かけることの多い条件で、お墓を購入する段階では宗旨・宗派に関する制限はありませんが、購入後は、そのお寺の檀家になる(改宗)ことが条件となります。

また、「在来仏教に限る」という条件がある場合は、キリスト教の方などは購入できないという意味になります。

ただし、霊園によって宗教についての対応は様々です。解釈については霊園によって異なるので、購入前に必ず確認しましょう。

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索