トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > お墓を建てる > お墓の地震対策

お墓の地震対策

世界でも有数の地震大国である日本。近年の大型地震では残念ながら多くの霊園で液状化現象が起こり、たくさんのお墓が倒壊してしまいました。通常、重く堅牢な墓石は簡単には倒れませんが、石材を積み上げて作られているため、大きな揺れが発生した場合には倒壊の危険性もあります。

お墓にはどのような地震対策を施すのがよいのでしょう? 
お墓選びで失敗しないためにここでは対策方法をご紹介します。


耐震基礎工事を行っている霊園を探す

先に言及した大型地震で多くの墓所が被害を被るなか、同様の揺れを観測しながらも被害を免れ、お墓の倒壊を防げた霊園も存在します。なにがこの違いを生み出したのでしょうか?

霊園開発の許認可には、一般の建築物にあるような基礎地盤の基準が定められていません。つまり、もともと耐震性に不安があるような土地でも、耐震工事を施さないまま霊園建設が行なえます。これでは地震による被害が発生するのは必然ともいえます。

とはいえ、事業主体によっては耐震基礎工事を施工している霊園も多くあります。墓所の1 区画毎の個別型基礎工事ではなく、連結された鉄筋コンクリート基礎を区画全体に打設した、一体型基礎工事など、耐震性を考えた設計が施されているかどうか、霊園見学の際に確認するようにしましょう。


墓石に支柱を埋め込み耐震性を高める

個人レベルでできるお墓の耐震対策として一般的なのは、墓石に加工を施して耐震性を高める方法です。墓石に支柱を埋め込む方法や、コンクリートで固める方法などがあります。

また、霊園が行っている大規模な基礎工事とは別に、自分の墓所区画のみで耐震基礎工事を行う方法もあります。耐震性は霊園規模で行う方法には劣りますが、自分の区画のみの基礎工事でも多少の効果は期待できるでしょう。

他にも、墓石の石材と石材の間にゲル状の緩衝剤を挟む免震施行もあります。これは、すでに設置されている墓石にも行なうことができる手軽な方法として、近年人気を集めています。墓石を傷つけることがないのも人気の理由でしょう。 また、石塔を土台と一体化させて固定し、耐震性を高めた墓石も販売されています。このような耐震対策が施された墓石を選ぶのもよいでしょう。

お墓は故人をお祀りする大切な場所です。倒壊はもちろん、傾いたり石材がずれるようなこともあってはいけません。代々承継するお墓を災害から守るためにも、できる限りの地震対策を施しておきたいものです。

地震以外でも液状化の問題や、近年増加しているゲリラ豪雨の問題から水はけや陽当たりなどに関するご質問も増加しています。水はけや陽当たりの良さ、地震対策などは霊園見学の際に尋ねてみることをオススメします。


耐震性を考えている優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索