家族墓

家族墓は「家系」をひとつの単位とし、先祖代々受け継がれていくお墓です。家族墓には、「○○家の墓」、「○○家先祖代々」などのような家名が刻まれ、家族や親族のご遺骨が一カ所に納められます。

日本では最も多いタイプのお墓で、明治時代、家制度が制定されたことにより、家ごとにお墓を建てることが庶民に広がり、家族墓が普及したと言われています。
家族墓の普及には、人口が増加した都市部を中心とした墓地面積の不足、衛生面での問題も影響しています。

昔はご遺体を「土葬」し、一人一人の名前を刻んだ「個人墓」に納めることも多くありましたが、ご遺体をそのまま土中に埋めることの衛生面が問題視され、火葬が推奨されると共に、ご遺骨を一カ所に埋葬する家族墓の数も増加していきました。

その後、家族墓はご先祖様の家、または家族の象徴として定着していきます。核家族化による承継者の不在、宗教の多様化、経済的な問題などにより共同墓の数も増えていますが、家族墓を持つ考え方が今も根強く残っています。


家族墓が持つ古き良き文化

自分が亡くなったら遺骨を海や山、思い出の土地に撒く「散骨」を望む人も少なくないでしょう。また、以前の家督制度では、その家の長男が祭祀を承継しなければなりませんでしたが、改正後の制度では、誰が祭祀承継者になるかといった記載がなく、遠い親戚や友人、知人でも良いと解釈することができます。

それでも、ご先祖様や亡くなった家族が共に納められる家族墓を親から子へ受け継いでいこうという考えが薄れることはありません。最近では、核家族化が進んだ都会に住んでいても、故郷のお墓を自宅近くに移し(改葬)、代々の家族墓として守る方が大変多くいらっしゃいます。
家督制度が廃止されても、その家の長男、もしくはその配偶者がお墓を承継する風習が残っているといえるでしょう。これは、家族墓が持つ良き伝統を好む人が多いことの現れです。お墓参りをすると穏やかな気持ちになるという方も多いのではないでしょうか。
特別な出来事があれば報告をしたり、悩み事を相談する特別な場所であったり、ご先祖様の名前を刻む墓誌を前に、子供たちに親の思いを伝えることができるのも、家族墓が持つ良さの一つです。


家族墓の承継と改葬の問題

少子高齢化や核家族化の問題により、家族墓が無縁墓になってしまうケースが増えています。せっかく先祖代々受け継がれてきたお墓も、承継者が居なければ誰にも供養されることなく、荒れ果てた姿となってしまうのです。

承継者不在の他にも、家族墓の場所が遠すぎてなかなかお墓参りできない、自分以外にお墓の手入れをしてくれる人がいないという問題もあります。そのような場合には、お墓を近所に移転(改葬)する方法が取られる場合が多くあります。

霊園管理者や自治体での申請手続きが必要となりますが、お墓参りしやすい場所へ移すことで、家族墓を守っていこうと考える人が増え、改葬の需要は年々増えています。 また、宗教上の理由や個人の考えから、先祖代々のお墓には入らない場合に、家族墓の他に「個人墓」を建立することもあります。個人墓は、先祖代々のしきたりにとらわれず、より自由なデザインでお墓を建てることができるメリットがありますが、承継者がすぐに途絶えてしまう問題は避けられません。

さらに、家族墓と二重に供養していくことにもなりますので、家族や親戚とよく話し合って検討する必要があります。


家族墓に最適な優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索