両家墓

二つの家を一つに祀ったお墓を両家墓と言います。
両家墓には、一つの墓石に両家の家名、家紋を彫刻するものと、広い墓所に両家のお墓を並べる二つのスタイルがあります。お互いの家が新しく両家墓を建立する場合もありますが、もともと別々の場所にあったお墓を改葬し、一カ所にまとめることも少なくありません。

一般的なお墓に比べ多くの手続きを必要としますが、将来的な負担を考えれば両家墓にするメリットは十分にあると言えます。少子化に伴い一人っ子同士の結婚が珍しくなくなったことから、両家墓のニーズも徐々に高まっています。

例えば、一人娘が結婚をして自分達のお墓の承継者がいなくなっても、両家墓にすれば嫁ぎ先の家にお墓を守ってもらえます。また、両家のお墓が離れた場所にある場合、それぞれのお墓を供養していく子供の負担を軽減させることもできます。
両家墓は、全国各地で増加する無縁墓の問題を解消するために普及が広がったお墓の一つでもあります。


両家のお墓を一度にお参りできる両家墓

両家墓は、もともとお墓を承継する子孫が一人しかいない場合に、お墓のことで苦労をかけたくないという思いから普及し始めました。

例えば、長男、長女同士が結婚をすると、夫婦二人で両方のお墓を守る負担が生じることがあります。両家のお墓が離れた場所にあれば、供養にかかる時間も費用もかさみますし、お墓の手入れが疎かになってしまう可能性もあります。

晩婚化や離婚の増加により、一人っ子の世帯が増加傾向にありますので、今後ますます両家墓のニーズは拡大していくでしょう。

両家のお墓を一度にお参りできる両家墓の建立には、無縁墓になるリスクを回避できることはもちろん、お互いの親族が絆を深め合う上でも大きな意義があります。
結婚の簡素化や夫婦共働きなどの事情により親戚付き合いが希薄化するなか、両家のコミュニケーションを図るきっかけの一つとなることでしょう。


両家墓の建立を検討する際の注意点

両家墓の建立を検討する際は、お互いの家族と十分に相談することが大切です。両家の遺骨が同じ場所に合祀されますので、親族への配慮は必須と言えるでしょう。
また、既にある複数のお墓を一カ所にまとめる際には、改葬の手続きが必要です。宗教上の理由などにより、改葬の受け入れを許可しない霊園や寺院もありますので、あらかじめ確認をしておきましょう。

両家墓の建立では、墓地選びにも配慮を要します。両家が共にアクセスしやすい場所であることや、両家墓が建立できる墓地であるかの確認も必要です。なかには、墓石に複数の家名を入れることを禁じていたり、承継できる親等の数によっては建立を許可しない墓地もあります。

また、両家で宗派が異なる場合には、宗旨、宗派を問わない民間霊園を選ぶことをお勧めします。寺院墓地では、檀家に入ることが原則となりますので、どちらかの家が改宗せざるを得ないケースも出てくるでしょう。


両家墓建立にお薦めの優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索