トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > お墓を建てる > 芝生墓所とは

芝生墓所とは

広い芝生の敷地に墓石が立ち並び、西洋的な明るさを感じさせる芝生墓所。お墓と言えば、一般墓所などに多く見られる昔ながらの黒や灰色のイメージがありますが、芝生墓所はそのイメージを払拭させる新しいお墓として人気を集めています。

郊外や高台に作られることが多く、周囲の景色と調和するように設計され、霊園から眺める景色も必見です。

芝生墓所には、一般墓所でよく見られる背の高い和型墓石が建立されないことから、霊園の隅々まで見渡すことができる開放感も、他では味わえないものです。ベンチや噴水など公園のような設備が充実している公園霊園と呼ばれるものもあり、ここがお墓であることを忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。

芝生墓所には、個々の区画に外柵が設けられていない分、墓石の建立費用を安く済ませることができます。隣り合うお墓との境界線が不明確な分、塔婆立てや墓誌の建立は難しくなりますが、スペースを広く取ることができるので、人数が多くてもゆっくりとご先祖様に手を合わせることができます。


芝生墓所が選ばれる理由

緑豊かな芝生と四季折々の景色を一望できる芝生墓所には、様々な魅力があります。一般墓所のような伝統的なスタイルと違い、洋風のおしゃれな雰囲気に新鮮さを感じます。日本で芝生墓所が作られた当初から人気が高く、全国各地で増え続けています。

なかには霊園内にレンガを敷き詰めた散歩道や優雅なベンチ、色とりどりの花々を楽しむことができるガーデンテラスを設置している霊園もあります。お墓参りに来た家族も、まるでピクニックに来たような明るい気持ちで、ご先祖様の供養に向かうことができるでしょう。

芝生墓所では、芝生の上に背が低く横長の洋型墓石を建立するスタイルが主流です。
風通しが良く、墓地特有の暗さや圧迫感はありません。また、墓石が芝生の上に直接置かれているので、余計な段差がなく手入れがしやすいのもメリットです。

また、芝生墓所に建立される洋型墓石には「愛」や「絆」などの好きな言葉を彫り込んでいるものも見られます。


建立費用と維持管理

芝生墓所では、墓石の大きさや高さに制限がある霊園が多く、建立できる墓石の種類が限られてしまいます。ほとんどの墓石が横型の洋風墓石となるため、彫刻の自由度は高くとも、伝統的な和型墓石でお墓をお考えの人にとっては物足りなさを感じるでしょう。

ただ、建立費用をできるだけ安く済ませようと考えている人にとっては、良い選択肢となるのではないでしょうか。外柵が不要となり、石材の使用料も少なくなることから、他の墓所で建立するよりも費用を安く抑えることができます。しかし、お墓の維持管理料によっては、予算を越えてしまう可能性があるため注意が必要です。

芝生墓所では、芝生のメンテナンスが必須となるため、維持管理料が一般墓所と比べて高い料金が設定される傾向にあります。

特に、敷地内に散歩道やベンチなどが設けられ、公園のように整備がされている霊園では、管理料はより高くなるでしょう。
継続的に支払う管理料も考えて費用の計算をしておきましょう。


美しい芝生墓所のある霊園

牛久沼聖地公苑
手入れの行き届いた芝生墓所がある霊園として茨城県内はもちろん、千葉県や都内からも使用者の多い公園霊園です。芝生墓所だけでなく、桜やつつじに囲まれた一般墓所もよく整備されています。美しい花木や芝生の台地のある霊園をお探しの方はぜひご検討ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索