トップ > 霊園・祭祀の基礎知識 > お墓を建てる > 神道のお墓(奥都城)

神道のお墓(奥都城)

神道においてのお墓は、奥都城(おくつき)と呼ばれます。人の死を穢れとして扱う風習があるため、神社にお墓はありません。遺族が公営や民営の墓地を選び、ご供養をします。
神道のお墓は、基本的な形状は仏式とよく似ていますが、神道では焼香を行わないので香炉がない場合が多いようです。 また、玉串を奉げる為の八足台が必要となります。

墓石の形は、細長い角柱型で、頂上部は四角錐になっていて、この形は三種の神器の一つ天叢雲剣を表しているとされています。
墓石には「○○家之奥都城」と刻む。神道では戒名はなく、姓名の下に、之霊・命・命霊・霊位などを付けます。


都内近郊の優良霊園

都内近郊や神奈川県で交通アクセス抜群の優良霊園。横浜の海と街を望む好環境の霊園です。
約6万株以上の花木に包まれ、四季の花咲き競う壮大な公園霊園をご覧ください。

霊園・墓地お問い合わせフォーム

優良霊園のご案内はこちら《首都圏・関西圏の霊園検索
首都圏・関西圏の「優良霊園」の検索